調子に乗ると痛い目を見る

本来この少しずつ増やすアプローチがFX(外国為替証拠金取引)で成功する投資アプローチなのに、最初に大分に儲けてしまった時は勘違いしてしまい大損する人も多いようだぜ。

素人の中にはそのアプローチが分からず、大分に儲けようとし最終的にはFX(外国為替証拠金取引)を止めてしまう人も多いようだぜ。

大損する前に確実な投資アプローチに気が付けば良いのFX(外国為替証拠金取引)を始めた人の多くは大分に儲けようとするばかりで最後には消えてしまう例も多いようだぜ。

FX(外国為替証拠金取引)を始めて1年後にまだ続けている確率は、全体の20%しかいないと言われますが、このように勘違いをしてトレードしている人が多いという事だろう。

金融と投資 関連情報

みずほコーポレート銀行は今年1月に米証券大手メリルリンチに約1300億円を出資するなど海外戦略を強化。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も欧米の金融機関との連携を強めており、邦銀の海外攻勢が加速している。 みずほコーポレート銀行は21日、米中堅投資銀行エバコア・パートナーズに出資することで合意したと発表した。みずほコーポレート銀行はエバコアが発行する1億2000万ドル(約130億円)の新株予約権付社債を取得し、役員を派遣する。社債を株式に転換した場合の議決権は14・7%となる。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。 日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。