調子に乗ると痛い目を見る

本来この少しずつ増やすアプローチがFX(外国為替証拠金取引)で成功する投資アプローチなのに、最初に大分に儲けてしまった時は勘違いしてしまい大損する人も多いようだぜ。

素人の中にはそのアプローチが分からず、大分に儲けようとし最終的にはFX(外国為替証拠金取引)を止めてしまう人も多いようだぜ。

大損する前に確実な投資アプローチに気が付けば良いのFX(外国為替証拠金取引)を始めた人の多くは大分に儲けようとするばかりで最後には消えてしまう例も多いようだぜ。

FX(外国為替証拠金取引)を始めて1年後にまだ続けている確率は、全体の20%しかいないと言われますが、このように勘違いをしてトレードしている人が多いという事だろう。

金融と投資 関連情報

日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。 五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。 米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融機関の経営不振の波が全米に広がり、経営破たんする金融機関が増えている。米連邦預金保険公社(FDIC)は26日に全米の金融機関の不良債権処理にかかった2008年第2四半期の費用が前年同期の4・4倍に膨らんだと発表した。住宅関連融資の焦げ付きなどが要因だ。経営不振の金融機関は、融資を絞り込むため、米景気をさらに冷え込ませる恐れがあるが、世界的な原油や資源高で米経済はインフレ懸念にも直面しており、米金融当局は難しい政策判断を迫られている。 日本銀行の白川方明総裁は25日、大阪市内のホテルで開かれた地元経済4団体との懇談会で、金融機関の中小企業への融資について、「金融を巡る状況が変化しており、中小企業への貸し出しは減少している」との認識を示した。