調子に乗ると痛い目を見る

本来この少しずつ増やすアプローチがFX(外国為替証拠金取引)で成功する投資アプローチなのに、最初に大分に儲けてしまった時は勘違いしてしまい大損する人も多いようだぜ。

素人の中にはそのアプローチが分からず、大分に儲けようとし最終的にはFX(外国為替証拠金取引)を止めてしまう人も多いようだぜ。

大損する前に確実な投資アプローチに気が付けば良いのFX(外国為替証拠金取引)を始めた人の多くは大分に儲けようとするばかりで最後には消えてしまう例も多いようだぜ。

FX(外国為替証拠金取引)を始めて1年後にまだ続けている確率は、全体の20%しかいないと言われますが、このように勘違いをしてトレードしている人が多いという事だろう。

金融と投資 関連情報

家庭で現金を眠らせる「タンス預金」が2007年は30兆円規模に上り、03年以降の高止まり傾向が続いていることが日本銀行の調査で分かった。低金利が続いていることや米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融市場の混乱で、膨大なお金が行き場を失っているとみられる。 保険業法で事実上禁じられている保険事業の分割譲渡について、金融庁は今秋、金融審議会(首相の諮問機関)で規制緩和の検討を始めることが25日分かった。保険会社の経営の柔軟性を高める狙いだが、業界再編の引き金になる可能性も高い。 米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融機関の経営不振の波が全米に広がり、経営破たんする金融機関が増えている。米連邦預金保険公社(FDIC)は26日に全米の金融機関の不良債権処理にかかった2008年第2四半期の費用が前年同期の4・4倍に膨らんだと発表した。住宅関連融資の焦げ付きなどが要因だ。経営不振の金融機関は、融資を絞り込むため、米景気をさらに冷え込ませる恐れがあるが、世界的な原油や資源高で米経済はインフレ懸念にも直面しており、米金融当局は難しい政策判断を迫られている。 生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。