化粧崩れが少なくなった

最近の化粧品は、昔に比べて落ちにくくなりました。
化粧崩れが少なくなったのは女性として嬉しい限りですが、敏感肌やアトピーの人には少し辛いですね。
キュレルのメイク落としは、肌に負担をかけずにやさしく洗い流せるジェルタイプになっています。
素肌のうるおい成分であるセラミドを守りつつ、落ちにくい口紅や毛穴の奥のファンデーションをスッキリ落します。
メイクを落したら、洗顔も必要です。
キュレルの洗顔料は、肌への刺激を極力少なくした洗浄成分を使っています。

健康と医療 関連情報

 都道府県別推計では、35年時点で05年比の増加が最も大きいのは埼玉県の3.1倍。千葉県と神奈川県の2.9倍▽愛知県2.6倍▽大阪府2.5倍▽東京都2.4倍が続いた。団塊の世代が多く住むベッドタウンで増加が著しい。最も低いのは島根県の1.5倍。粟田部長は「地域の実情に応じて、都道府県や市町村ごとにきめ細かい対策を考える必要がある」と話す。(  記憶にかかわる脳の海馬で、アスパラギン酸が神経伝達物質のグルタミン酸とともに存在することなどは知られていた。大学院生の宮地孝明さんらは、細胞内でアスパラギン酸を運ぶたんぱく質を特定し、小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター(VEAT)と名づけた。  森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、神経細胞で情報伝達にかかわる仕組みを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止め、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この仕組みの異常で、発達障害などが起こる難病になる可能性も示され、記憶・学習の仕組み解明につながりそうだ。