化粧崩れが少なくなった

最近の化粧品は、昔に比べて落ちにくくなりました。
化粧崩れが少なくなったのは女性として嬉しい限りですが、敏感肌やアトピーの人には少し辛いですね。
キュレルのメイク落としは、肌に負担をかけずにやさしく洗い流せるジェルタイプになっています。
素肌のうるおい成分であるセラミドを守りつつ、落ちにくい口紅や毛穴の奥のファンデーションをスッキリ落します。
メイクを落したら、洗顔も必要です。
キュレルの洗顔料は、肌への刺激を極力少なくした洗浄成分を使っています。

健康と医療 関連情報

国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)にくも膜下出血で入院中の40代男性が29日、臓器移植法に基づく脳死と判定された。30日午後から臓器の摘出が始まる予定。97年の法施行後、75例目の脳死判定で、臓器移植としては74例目。日本臓器移植ネットワークによると、心臓は国立循環器病センター(大阪府吹田市)で40代男性、両肺が岡山大で10代女性、肝臓が大阪大で50代男性、腎臓は東京女子医大の30代男性、もう片方の腎臓と膵臓(すいぞう)は広島大で40代女性に移植される見通し。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。  「これまで知られていたカルシウム濃度調節とは別の仕組みだ。応用して薬の開発などが期待できる」と神谷さんは話す。認知症や記憶障害の改善薬の開発に役立つ可能性があるという。(  推計では、団塊の世代がすべて65歳以上となる2015年時点ですでに、05年の1.5倍の約302万人に上る。研究班の粟田主一・仙台市立病院神経精神科部長によると、主な増加要因は高齢化という。