社会問題化されているニート

社会問題化されているニート。
ニートとは、Not in Education, Employment or Training の略語になります。
英国からきた言葉で、日本では2004年労働白書の中で、
「主婦と学生を除く非労働力人口のうち15〜34歳の若年層」と定義されています。
?フリーターと混合されやすいのですが、
フリーターが働く意志を持っているのに対して、
ニートは働く意志を持たず、あるいは働くことができない若者のことです。
?ニート問題は最近社会現象にもなっていますね。
今年7月に発表された厚生労働省の「労働経済白書」によると、現在日本における「ニート」の数は64万人に及びます。
さらに内閣府が今年3月にまとめた調査では、厚生労働省が算入していない「家事手伝い」もニートとして扱ったため85万人に達したという結果になっています。

ビジネス 関連情報

知らなくても、自分の住む住宅や職場・学校などで私たちとって建築基準法は身近そうですよね。 実際に、地震での被害者は建物外より内部でのものが多く、内部に取り残されたり、または圧死などで亡くなった罹災者も多いですね。 エルメスのフールトゥやエールラインのバッグは比較的に持っている人が多く、持ち歩いている人を良く見かけますよね。 建築基準法では、このような防火・耐火関連でも改正があります。